千葉中央勉強会「イブスタ」さんで登壇_意外と知らないビジネスファッション講座@千葉

●仕事でいい印象を与えるならスーツを着ていればOK?
●異業種交流会やイベントでの第一印象をよくしたい。
●とりあえず、「無難」が一番と仕事の服を選んでしまう

そんなあなたへ。

こんにちは。ブランディング戦略コンサルタントの松下一子です。

2015年4月3日(金)に、千葉中央勉強会「イブスタ」さんで、「意外と知らないビジネスファッションマナー」に登壇させていただきました。

ご参加いただきました皆さん、主催の長谷川亜由美さん、小林豪志さん、ありがとうございました。

 

年末が近づくと、掃除・片付けの特集が組まれたり、薄着になる季節やお正月明けにはダイエットの特集が組まれたり、春になると、お花見の特集や、資格や学びの特集が組まれたり、しますよね。

春になると特集が組まれるものとして、 「第一印象」や「身だしなみ・マナー」特集があります。
日経BP社、プレジデント社などのから出されているビジネス雑誌でも定期的にこういった特集を見かけます。

たとえば・・・日経ビジネスアソシエ、2015年4月号では「トップ1%が実践している『一流』のマナー、超入門」

「トップ1%」というフレーズ、新入社員以外の人もちょっと気になるのでは?

服装を含めたマナー特集。

春は別れと出会いの時期。「第一印象が気になる時期」なので、こういう特集、毎年組まれます。

もともと関心があるテーマなので、発売されると目につきます。
そして、「あぁ、こういう時期だからね~」と思いながらも、ついつい「リサーチ、確認」と称して、チェックしてしまいます。

今回、イブスタでは、

●会社員の場合、起業した場合のビジネスファッションマナーの違い
●業種によってOKなこと、NGなこと、違いはある?
●ビジネス小物、これはOK・NG?

など、状況に合わせたビジネスファッションマナーをお伝えしました。

また、希望者には、「色で与える印象」チェックのため、簡単なカラー診断と、男性がネクタイを変えるとどう印象が変わるかのチェックを実施。

そのほか、印象や服装に関する質問も沢山いただきました。

知ってるようで、ちょっと心配なので確認しておきたい。
これで大丈夫か、確認して安心したい
ビジネスでこういう靴はあり・なし?
ビジネスで使うバッグは?
自分の名刺入れ、OK?NG?

などなど、「やっちゃってないか?」が心配というリアルな質問が多かったです。

いただいた感想は、

色で印象が変わるということがわかった
OK・NGの服装をきちんと活用したい。
なぜ、似合う色を使っても印象が悪かったのかがわかった
色の与える印象を普段から活用していきたい

そして、「ファッションに全く関心がない」といって参加してくださった方が、帰るときには、「面白かった、もっと知って試したいです」とおっしゃってくれたり!!

「知る」ことで、関心を持ってもらえて、本当に嬉しかったです。

懇親会では、さらに突っ込んだ質問や、こんなことあったんですが、というカミングアウト的な質問もあり、あっという間に時間が過ぎたのでした。

参加された皆さまが、ビジネスで印象を上手に活躍してくれるきっかけとして、今回お伝えした内容を活用していただければ、と思っています。

当日の様子を主催の長谷川亜由美さんが「第48回のイブスタは松下一子さんによる『意外と知らない、ビジネスファッションマナー』を開催しました」という記事にしてくださいました。

ありがとうございました!

 

※この記事は、2つ目のアメブロ(xn--dck0a5dvc1escc)の記事を移行したものです。

 

松下一子のプロフィールはこちら
松下一子へのお問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です