ブログが継続できない、にならないための私が意識していること

●ブログを書くのが大変(ネタがない)

●ブログを継続できない

●ブログで反応がないのが辛い

ブログを継続できない人は、このいずれかに(または複数)該当する方が多いようです。あなたは、いかがですか?

こんにちは。ブランディング戦略コンサルタントの松下一子(まつしたいちこ)です。

ブログで書くことがない、継続できない、反応がないのが辛い、と思うことありますか?

私はあまり悩んだことがありません。

何故、私が悩まないのか、がひょっとしたら皆さんの悩みを解決するヒントになるかも…と思い、「何故、私はブログを続けることで悩まないのか」をちょっと分析してみました。

 

●ブログを書くのが大変(ネタがない)

→1つの記事に対して1テーマと伝えることを絞っている。

→ネタがたくさんあったときは、ネタがないときのためにストック

→同じことを違う切り口で伝える

 

●ブログを継続できない

→「毎日」とせず「ほぼ毎日」とすることで、逃げ道を作る。

→継続できなかったとしても、「ま、いっか」と再スタートする。

→完璧な記事を目指さない。「伝えたいこと」が伝わるればいいとハードルを下げる。

 

●ブログで反応がないのが辛い

→何のためにブログを書いているのかと「ブログを書く目的」を常に意識する。
(私は、自分のことを知ってもらう、申し込み・問い合わせが来れば反応がなくてもいいと割り切っています。)

→「売れっ子でもないので、そんなもんさ」と気楽に考える。

→反応がないようなショボイ記事を書いている自分に喝を入れて反省。届けたい人に伝わる記事を書くように精進する。

→目的の反応・行動を起こすセル用に土台が整っているか?を確認する。

 

こんなところでしょうか?

これは私の事例ですが、参考になることがあれば、是非試してくださいね。

あまり思い詰めない、気楽に考えるというのもある意味必要かな、と思います。

 

松下一子のメール講座「仕事が取れるブランディング基本の『き』」はこちらから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です